6.6第7次小松基地爆音訴訟第1回公判(金沢地裁)

憲法9条下、何んのことわりもなくジェット戦闘機の爆音を振りまかれたことに対し、ジェット戦闘機の飛行差し止めと爆音に対する国家賠償を求める第7次の爆音訴訟がはじまった。

金沢地裁前には、1510名原告団の代表らや石川県平和運動センター、支援労組、市民らが駆けつけた。

意見陳述では、あらたに原告団の団長となった今村健一さんが、爆音とは何か、なぜ訴訟を起こしたのか、戦闘機の差し止め、そして戦争準備を始める岸田政権の「嘘の偽りの戦争政策」を批判した。

カテゴリー: トピックス, 人権, 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 友誼団体, 反基地, 反基地, 反戦・平和, 小松基地, 護憲・憲法改悪反対・教育・歴史, 護憲・憲法改悪反対 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です