志賀原発 「全電源喪失」防止の一つの手段である高圧電源車から出火 あきれる!

7月5日(金)午前10時ころ、石川県志賀原発内で高圧電源車が火災を起こしました。
原因と思われるものが7月6日(土)の北国新聞や北中新聞で書かれていますが、それよりもなによりも、「全電源喪失」の事態を防ぎメルトダウンを止めるひとつの手段としてある外部電源用の高圧電源車が、ケーブルと配管の接触によるショートから出火したという事態そのものがとても問題ありと言わなければなりません。
県平和センターは、「さよなら志賀原発ネットワーク」「志賀原発を廃炉に!」訴訟原告団の一員として、緊急の申入れを行ないます。
以下のとおり、「北陸電力本社」及び「石川県知事」に対して申し入れを行ないます。
7月12日(金)11時から、北電本社にて申し入れ
7月17日(水)10時から、石川県本庁舎1011(10階)にて申し入れ
申し入れ書(北電、知事)
カテゴリー: トピックス, 人権, 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 原水禁, 反核・脱原発, 志賀原発, 環境(原水禁、核燃、放射能・食品汚染), 脱原発・核燃 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です