7月5日、志賀原発で高圧電源車が火災

「弛緩の極み」か、非常用電源車のバッテリーケーブル付近から出火。

起こしてはならない「事故」をまたしても起こした。やはり、再び三たび、「原発運転の資格なし」を突きつけなければなりません。再び、看過するのか、石川県原子力環境安全管理協議会の技量が問われます。

カテゴリー: トピックス, 人権, 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 原水禁, 反核・脱原発, 志賀原発, 環境(原水禁、核燃、放射能・食品汚染), 脱原発・核燃 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です