5.29北信越キャラバン「沖縄連帯」集会 -沖縄から平和を考える-山城博治さん

沖縄・辺野古と連帯するため、そして、「戦争する国」づくり・憲法改悪を阻止するため、今年も、北信越キャラバン「沖縄連帯集会」を開催しました。本年は、主な構成組織の書記局を日中に訪問し、役員間の濃い交流を行なったあと、集会を開催しました。橘 広行県平和センター共同代表、社民党県連副代表森一敏さんの挨拶を受けた後、メインスピーカー沖縄平和運動セン ター議長山城博治さんから熱い講演を受けました。

沖縄と連帯し、全国の反戦・平和の闘いと連帯し、世界の平和勢力と連帯するため、昨年と同規模の120名が集い、成功を納めました。ここで培った連帯を、安倍政権の野望!「辺野古新基地建設」「戦争する国」づくり「憲法改悪」を阻止する力にしましょう。

http://www.peace-forum.com/okinawa-branch/okinawa_No87.pdf (5/27沖縄だより 平和フォーラムより)

カテゴリー: PEACE石川(機関紙), トピックス, 人権, 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 反基地, 反基地, 反戦・平和, 小松基地, 護憲・憲法改悪反対・教育・歴史, 護憲・憲法改悪反対 パーマリンク

コメントは停止中です。