戦争の足音に敏感すぎることはない。戦争の危機には過剰に怯えなきゃいけない

映画監督 大林宣彦さん

(いま)大変なことになっている。戦争の足音に敏感すぎることはない。戦争の危機には過剰に怯えなきゃいけない。怯えすぎることはない。もし、間違いだったら後で笑えばいい!

 

大林宣彦監督×檀一雄原作『花筐/HANAGATAMI』

2017/08/18 に公開
『時をかける少女』(1982)、『異人たちとの夏』(1988)などの巨匠・大林宣彦が、檀一雄の小説を原作に約40年前に脚本を書き上げていたという戦争映画。 作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T002…
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter
カテゴリー: トピックス, 人権, 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 反基地, 反戦・平和, 文化・芸術, 環境(原水禁、核燃、放射能・食品汚染), 護憲・憲法改悪反対・教育・歴史 パーマリンク

コメントは停止中です。