ファシズムへの14の初期警報

立憲フォーラム通信より掲載。
「ファシズムの14の初期警報」(Early Warning signs of Facism)

これはアメリカのワシントンにある「ホロコースト記念館」に展示されているローレンス・ブリット(政治学者)Lawrence Britt による言葉です。安倍政権の本質を見事に表していると話題になっています。色々な訳語が流れていますが、私(いわき市議 佐藤和良さん)の訳語を転記しました。

<(_ _)>

1  強大で執拗な国家主義の宣伝
2  人権の重要性の蔑視
3  団結のための敵/スケープゴートづくり
4  軍隊の優位性/熱烈な軍国主義     

5  性差別の蔓延
6  マスメディアの統制
7  国家の治安への執着
8  宗教と支配層エリートの癒着
9  企業権力の保護
10  労働者の力の抑圧もしくは排除
11  知性と芸術の軽視と抑圧
12  犯罪取り締まりと刑罰への執着
13  縁故主義と汚職の蔓延
14  不正選挙

 共謀罪、安保法制、秘密保護法、お友達による忖度、前川前事務次官の人格攻撃、稲田防衛大臣による選挙介入など、全てがどれかに該当します。

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on Twitter
カテゴリー: PEACE石川(機関紙), トピックス, 人権, 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 反戦・平和, 教育・歴史, 護憲・憲法改悪反対・教育・歴史, 護憲・憲法改悪反対 パーマリンク

コメントは停止中です。