台湾有事に参戦するため、F35Bステルス戦闘機を新田原基地に配備、反対!

2021年4月16日、日・米両政府(バイデン大統領と菅総理)権力者が世界に向けて声明したとおり、台湾有事には双方が「台湾の平和と安定は双方にとって重要」と位置づけ「参戦する」ことを取り決めました。沖縄や宮崎、青森(20機配備済)、そして小松にF35ステルス戦闘機を順次配備していくことはその目的のためです。

今回、配備予定のB型は垂直離発着型なので陸上ではなく「空母かが」への搭載型であり、改修中の「空母かが」に搭載までの間、訓練をかねた事前配備ではないか、と推測されます。

いずれにしても、米国側の「自由航行作戦」という戦争挑発と、中国の悲願である「台湾」のなりふり構わぬ統一がぶつかりあう「台湾有事」を想定した配備と言わなければなりません。

このことに、単なる「有事に巻き込まれる」という受け止めではなく、日本の権力者が積極的に「台湾有事に参戦」するのだということを暴き、台湾有事反対!自衛隊・軍隊の軍備強化反対!と同時に、戦争準備に反対する!ものとして闘っていかなければなりません。私たちも理論武装を強化していきましょう。

20210715 九州防衛局(F-35Bの配備について)

20210715 (F-35Bの航空自衛隊新田原基地への配備について)

カテゴリー: PEACE石川(機関紙), トピックス, 人権, 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 友誼団体, 反基地, 反戦・平和, 反核・脱原発, 核兵器・放射能・核開発, 護憲・憲法改悪反対・教育・歴史, 護憲・憲法改悪反対 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です