9.14「志賀原発を廃炉に!」富山訴訟 第3回口頭弁論

富山訴訟原告団からの報告です。北陸電力の会社経営者に「もの申す」株主が提訴したものです。本日は、株主が「原発は会社経営を危うくしている」「善良な管理者としての義務を果たせ」と経営者に迫るも、「善管義務とは何か具体的に言ってほしい」と抵抗した。

かの2011.3.11メルトダウンという衝撃的な原発事故の直後、なんと北陸電力経営陣は「4月中にも志賀原発を動かしたい」と言った「ノー天気」な会社ですが、いまだにしらを切っています。この3.11以降、「4月再稼働」をどのような経緯で、どのような論議で、どのような安全対策の下、言ったのか、議論の経緯と共に明らかにすることを「求釈明」した。2021年3月22日の第5回口頭弁論で明らかになります。

カテゴリー: 住民の暮らしに直結する課題, 全国・中央・北信越, 友誼団体, 反核・脱原発, 志賀原発, 環境(原水禁、核燃、放射能・食品汚染), 護憲・憲法改悪反対・教育・歴史 パーマリンク

コメントは停止中です。