月別アーカイブ: 11月 2012



11.18 B判定で1人、新たにC判定で1人。18歳以下約36万人の甲状腺検査で。

甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必 … 続きを読む

カテゴリー: 環境(原水禁、核燃、放射能・食品汚染) | 11.18 B判定で1人、新たにC判定で1人。18歳以下約36万人の甲状腺検査で。 はコメントを受け付けていません。

被曝のリスクは、低線量でもしきい値なしの直線形を示す

国の原子力防災のベースにあるICRP(国際放射線防護委員)の基準は、住民を被ばくから守ること を追求するものではなく、社会の混乱をふせぐことと許容可能な被ばくのバランスをとったものである。このことから、被曝問題はICRP … 続きを読む

カテゴリー: 放射能・食品汚染, 環境(原水禁、核燃、放射能・食品汚染) | 被曝のリスクは、低線量でもしきい値なしの直線形を示す はコメントを受け付けていません。

11.10「志賀原発直下に活断層!」チラシ(Ver.2)ポスティングを県内全域で!

志賀原発の1号機原子炉直下に、「S-1」という活断層があることが懸念されています。断層の専門家は、「誰が見ても活断層」「よくこんなものが経産省の審査を通ったものだ」と言われる「S-1」活断層です。 11.10(土) 志賀 … 続きを読む

カテゴリー: 反核・脱原発, 志賀原発 | 11.10「志賀原発直下に活断層!」チラシ(Ver.2)ポスティングを県内全域で! はコメントを受け付けていません。